ETC割引についてわかりやすくまとめてみた│NEXCO3社、首都高速道路について

ETC割引総まとめ NEXCO&首都高編ETC割引

 「ETCを使った方が高速道路料金は安い」という事は、普段車を利用する方なら誰でも知っていますよね。

でも、「ETCを利用した時の割引サービスを全て把握していますか?」と言われるとどうでしょうか?

一口にETC割引と言っても、高速道路の区間ごとに設定されています。区間が一番長いのは、もちろんNEXCO3社(東日本/中日本/西日本)が管理している区間ですよね。

NEXCO3社の管理区間は割引基準がある程度統一されていますが、首都高速道路、阪神高速道路、名古屋高速道路などの都市高速道路は、それぞれの割引基準が存在しますので、都市をまたぐような長距離を走行するときなどは、そこらへんの事を調べてから運転スケジュールを立てないと、思わぬ損をしてしまうかもしれませんね。

そこで!
知っているようで知らない、全てのETC割引をわかりやすくまとめてみました!

※ここで紹介する全ての割引サービスは、ETCゲートを通って、料金をETC無線通信で支払う必要があります。

NEXCO東日本/中日本/西日本のETC割引

 NEXCO3社のETC割引は4種類の割引サービスが有ります。

1つは「平日朝夕割引」、2つ目は「深夜割引」、3つ目は「休日割引」、そして4つ目は「アクアライン割引」の4種類となります。

NEXCO3社の平日朝夕割引とは

 平日朝夕割引サービスは、平日の6時~9時の間17時~20時の間に、料金所の入り口もしくは出口を通過すると、通行料金の30~50%が還元されるというものです。
※ただし、朝夕それぞれ、最初の1回に限り適用される。

かなりお得な割引なのですが、この割引サービスを受けるにはETCマイレージサービスに登録されているETCカードである事が必要なようです。あと、もちろんETCゲートとを通って、料金をETC無線通信で支払う必要があります。

ETCマイレージサービスの申込はコチラ>>

なお、他の割引サービス(休日割引、深夜割引、アクアライン割引)との併用は不可のようです。

また、東京近郊の区間と大阪近郊の区間、及び第二神明道路と関門トンネルは対象外のようですので、予めご確認ください。

▶東京近郊の対象外区間
NEXCO東日本-東京近郊図
※ 藤沢~茅ヶ崎JCT間の休日割引適用については、新湘南バイパス内のみ走行する場合は対象となりますが、圏央道を連続して走行する場合は対象外となります。
※茅ヶ崎海岸ICから茅ヶ崎JCT間と圏央道を連続走行する場合のみ、平日朝夕割引が適用となります

▶大阪近郊の対象外区間
NEXCO西日本-大阪近郊図

そして、一番気になる割引率などの具体的な内容は、
▶1ヶ月(1日~末日)の割引対象区間の利用回数が5~9回 ・・・ 通行料金のうち100km相当分を最大約30%分を還元。
▶1ヶ月(1日~末日)の割引対象区間の利用回数が10回以上・・・通行料金のうち100km相当分を最大約50%分を還元。

通行料金割引の還元方法は、ご利用月翌月の20日にETCマイレージサービスの無料通行分として還元されるようです。

適用となる時間帯・区間のご利用が多い方は、かなりの額の還元が受けられそうな内容ですね。

NEXCO3社の深夜割引とは

 深夜割引は、午前0時~4時の間にNEXCO3社が管理する全国の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路を走行すると、通行料金が最大30%OFFになるというものです!

ただし、京葉道路・第三京浜道路・横浜横須賀道路・横浜新道・第二神明道路(大型車以上のみ対象)・関門トンネルは対象外となるようです。

なお、走行距離や割引適用回数の制限は無く、適用条件となる日時の判定は「入口料金所」または「出口料金所」の通過時刻で判断されるようです。

適用の範囲も広く、最大30%割引ですから、かなりお得な割引サービスと言えますね!

NEXCO3社の休日割引とは

 休日割引とは文字通り、土日祝日に割引対象区間の道路を走行すると、通行料金が最大30%OFFになるというものです!

ただ、この休日割引が適用されるのは普通車軽自動車等に限られていて、中型車・大型車・特大車は割引対象外となってしまうようです。
【注】1ナンバーの車両は中型車以上となり対象外、普通車でけん引をされる場合も中型車以上となりますので対象外です。4ナンバーの車両は普通車以下となるので割引対象となります。

また、東京近郊の区間と大阪近郊の区間、及び第二神明道路、沖縄道、関門トンネルは対象外のようですので、予めご確認ください。
▶東京近郊の対象外区間
NEXCO東日本-東京近郊図
※ 藤沢~茅ヶ崎JCT間の休日割引適用については、新湘南バイパス内のみ走行する場合は対象となりますが、圏央道を連続して走行する場合は対象外となります。
※茅ヶ崎海岸ICから茅ヶ崎JCT間と圏央道を連続走行する場合のみ、平日朝夕割引が適用となります

▶大阪近郊の対象外区間
NEXCO西日本-大阪近郊図

アクアライン割引とは

 東京湾アクアラインの料金所をETC無線通信により走行される車両に関して、下記の通り割引が適用されるようです。他の割引サービスと比べても、わかりやすくてお得感を実感できる割引ですね。

通常料金割引後料金
軽自動車2,510円640円
普通車3,140円800円
中型車3,770円960円
大型車5,190円1,320円
特大車8,640円2,200円

ちなみに、このアクアライン割引は休日割引・深夜割引や障害者割引との併用はできないようです。アクアライン割引が最も割引額が大きくなるため優先して適用されるようですよ。

ただ、大口・多頻度割引(ETCコーポレートカード)とETCマイレージサービスは併用利用が出来るようです。やっぱり、ETCコーポレートカードはお得!ですね。

ETCコーポレートカードの詳細はコチラ>>

首都高速道路のETC割引

 2021年3月に「首都高の上限料金を1950円に値上げ」と「20%の深夜割引も導入」という改定案がニュースが流れて来ました。まだ、改定案の段階ですので、どうなるかはわかりませんが、まず現状の割引状況などを把握しておきましょう。

 首都高速道路の区間では、6種類のETC割引サービスが実施されているようです。(※ 首都高ドライバーズサイト参照)

具体的には、

  • 都心流入割引
  • 環境ロードプライシング割引(大型車・特大車)
  • 外環道迂回利用割引
  • 都心流入・湾岸線誘導割引
  • 大口・多額度割引
  • 障がい者割引(現金車も可)

の6種類となります。
首都高速のETC割引は結構複雑なのですが、出来るだけわかりやすくご説明いたします。

都心流入割引

 首都高ドライバーズサイトによると、都心流入割引とは「外環接続部相当の放射道路の端末部と都心環状線間の利用は、端末部から一番近い都心環状線の出入口までの料金を上限とします。」と言うモノのようです。

ちょっとわかりづらいですね。(^^;

まず、放射道路とは都心環状線から見て、放射状に伸びる首都高速道路のことで、湾岸線・羽田線・渋谷線・新宿線・池袋線・川口線・三郷線・小松川線のことを指します。その放射道路を利用して都心環状線を発着点とする場合に適用される割引サービスという事のようです。

ちなみに、都心環状線の区間は、下図の赤い部分の区間になります。(八重洲線含む)
都心環状線図※2021年5月10日より呉服橋IC・江戸橋ICは廃止になりました。

 例えば、東名高速道路から首都高速渋谷線に入り都心環状線を利用した場合、または首都高速渋谷線のいずれかの入口から入り都心環状線・八重洲線の出口を利用した場合に、渋谷線上り最終地点から一番近い都心環状線の出口である[霞が関]出口までの料金以上はかからないというものです。

都心流入割引解説図※2021年5月10日より呉服橋IC・江戸橋ICは廃止になりました。
ある試算では、最大200円程度の割引になるそうですから、結構お得ですよね。

詳しくはコチラへ>>

環境ロードプライシング割引

 環境ロードプライシング割引は「特大車・大型車がETC利用時に、沿道に住居地域が多い横羽線を利用せずに、湾岸線や川崎線等の迂回ルートを利用した場合に10%~20%の割引が受けられる」というものです。

つまり、横浜・川崎と東京を行き来する際に、横羽線の【浅田~大師】区間を利用せずに、【大黒JCT~川崎浮島JCT~大師JCT】の割引適用区間を迂回走行すると適用される割引なんですね。
環境ロードプライシング割引解説図
割引額は、10%、15%、20%(最大料金 1,000円)の3つのパターンがあるようです。結構大きい割引額ですね。

詳しくはコチラへ>>

外環道迂回利用割引

 この割引は、首都高ドライバーズサイトによると「都心環状線内の出入口等を発着し放射高速道路をご利用される際に、外環道を1JCT間のみ迂回した場合、原則として直行した経路と同じ通行料金となるよう、首都高と外環道の通行料金を割引きします。」というものです。

例えば、[銀座]から入って東北道に抜けるルートの場合、池袋線~板橋JCT~王子線~江北JCT~川口線~東北道というルートになると思われますが、渋滞回避等の理由により、あえて池袋線~美女木~外環~川口JCT~東北道というルートを走行した場合も、外環を利用していない最短距離の料金を適用するという割引制度のようです。

外環道迂回利用割引解説図

但し、注意すべき点がいくつかあります。

  • 外環道利用の区間は、1JCT区間であること。
  • 首都高都心環状線及び八重洲線の出入口から発着すること。
  • 東関東道、京葉道路、常磐道、東北道、関越道、大宮線を利用すること。
  • もちろん、ETCカードでETC無線通行利用であること。

割引サービスというよりは、渋滞回避のための料金調整という側面が強い制度かもしれませんね。

さらに詳しく知りたい方はコチラへ>>

都心流入・湾岸線誘導割引

 湾岸線を経由した横浜都心部・三ツ沢線・狩場線~都心環状線の間の走行について、普通車利用料金を950円まで割引するサービスです。

具体的には下記の「横浜側対象出入口」と「東京側対象出入口」の間の走行に関して、湾岸線川崎浮島JCT~大黒JCTを走行利用したETC無線通行による通行利用料に関して、一律料金にするというものです。

▶横浜側対象出入口
東神奈川/横浜駅東口/みなとみらい/横浜公園・第三京浜・横浜新道との接続部/三ツ沢/横浜駅西口/横浜横須賀道路/保土ヶ谷バイパスとの接続部/永田/花之木/石川町/新山下/大黒ふ頭/東扇島

▶東京側対象出入口
宝町/京橋/新富町/銀座/汐留/芝公園/飯倉/霞が関/代官町/北の丸/神田橋/常盤橋/八重洲/丸の内/川崎浮島JCT/浮島/湾岸環八/空港中央/大井南/臨海副都心/芝浦/東京高速道路(D8)との接続部 ※2021年5月10日より呉服橋IC・江戸橋ICは廃止になりました。

▶割引後の額
 軽・二輪:790円
 普通車: 950円
 中型車:1,000円
 大型車:1,460円
 特大車:1,840円
※2026年3月31日までの割引

ちなみに、都心流入・湾岸線誘導割引は前述の環境ロードプライシング割引との併用も可能なようなので、かなりお得な割引と言えると思われます。

大口・多頻度割引

 これは、以前の記事でご紹介した、ETCコーポレートカードの事になります。詳細は、下記のリンクからご確認ください。

ETCコーポレートカードについて>>

障がい者割引

 こちらは、「身体障害者手帳」の交付を受けているすべての方が対象で、障がい者ご本人以外の方が運転されて障がい者ご本人が乗車される場合も対象となるようです。また、この割引に関しては、現金利用に関しても適用となるようです。

割引率は、基本料金の半額(10円未満の端数は切り上げ)で、現金通行の場合は「身体障害者手帳」を料金所係員が確認することで割引が受けられる用ですが、ETC無線通行での利用に関しては、ETCカードとETC車載器の事前登録が必要なようなので、ご注意を。

さらに詳しく知りたい方はコチラへ>>

2021年のオリンピック・パラリンピック期間中の値上げと割引【期間終了】

 1年延期されていた2021年夏開催の東京オリンピック・パラリンピックの期間中、交通量抑制の呼びかけだけでは交通量が抑えられない事を理由に、開催期間中の首都高速道路の都内区間の利用について、通常利用料金より一律1,000円アップの措置が行われておりました。
詳細は以下の通り。

対象期間(全期間終了)

  1. オリンピック期間 … 7月19日~8月9日の22日間
  2. パラリンピック期間 … 8月24日~9月5日までの13日間

対象時間帯

 オリンピック期間、パラリンピック期間のいずれについても、6時~22時の時間帯に対象区間を走行した場合、通常料金+1,000円の料金がかかるようです。
 但し、対象期間中の0時~4時までの間は逆に、首都高全線を5割引料金で利用出来たようですよ。

対象車両

 値上げ対象車はあくまで自家使用車(マイカー)に限り、中型車・大型車・特大車は対象外で、またタクシーや小型貨物(事業用、自家用を含む)は対象外だったようです。
※ナンバープレートが「緑地に白文字」「黒地に黄色文字」の車両、及び「白地に緑文字」または「黄色地に黒文字」のナンバープレートの車両のうち、 分類番号が「4**」または「6**」または「8**」の車両は対象外のようです。
 事業用じゃないプラス1,000円対象の社用車などで首都高利用してしまうと、往復で2,000円も高くなっていました。

対象区間

  • 湾岸線は[空港中央]と[浦安]から都内方面
  • 1号線は[大師]から都内方面
  • 2号線は全線
  • 3号線は[用賀]から都心方面
  • 4号線は[高井戸]から都心方面
  • 5号線は[戸田南]から都内方面
  • 中央環状線は[新郷]から都内方面
  • 6号線は[八潮南]から都内方面
  • 7号線は[一之江]から都心方面
  • 9号線は全線

※入口・出口によって一部異なります。
※現金利用車(非ETC無線通行)の場合は、首都高全線が対象となっていたようです。

 期間中に、対象車両で対象区間を走行した場合、都心中心部に入らない場合でも通常料金+1,000円の対象となっていたので、ルート選択には注意が必要だったんですね。

福祉関係車両など

 障害者手帳の保有者が運転・同乗する車両及び福祉関係車両は、東京都へ事前申請することで対象外。
但し、「有料道路における障がい車割引制度」の適用を受けている方は申請不要で対象外だったようですよ。

施策の効果と結果

 ちなみに、オリンピック期間中の東京都内の首都高での渋滞は、最大で96%も減少したようですよ。(参照:警視庁まとめ)

6:00~10:00に利用料金を1,000円上乗せするだけでなく、一部の入口を閉鎖した事もこの結果に結びついたようですね。

オリンピック選手や関係者のスムーズな移動に貢献したのであれば、非常に良かったのでは無いかと思います。

さらに詳しく知りたい方はコチラへ>>


阪神、名古屋、広島、福岡・北九州の都市高速のETC割引についてはコチラへ>>

タイトルとURLをコピーしました